プライベート

教科書

ブログをご覧いただきありがとうございます。

長崎市の整体サロン・GLITTERです。

今日は月に何度かあるChill Day 。

要は暇な日(笑)

不思議なもので、月に1度か2度はビックリするくらい予約が入らない日があります。

そんな日は、ただダラダラ過ごしてはもったいないので事務仕事を片付けたり、こうやってブログを書いたり、ホームページやSNSの更新を行ったりして無駄な時間を過ごさないようにはします。

どうせなら建設的な時間の使い方はしたいものです。

そんな日の時間の過ごし方の一つに読書もあります。

お仕事関連の書籍(健康や身体に関するもの)を読むことも多いのですが、最近はもっぱら趣味のカメラに関する本を読むことが多いです。

写真はそんな写真の教科書とも言える一冊。

モノクロ写真の巨匠・森山大道氏の「遠野物語」
写真集とそれにまつわるエッセイが書かれた一冊です。とにかく掲載されている写真の数々が個人的に心に刺さるものばかり。

私が感じている良い写真というものの一つに「見た瞬間に嫉妬心が芽生える写真」というものがあります。

自分にはない視点で、自分では絶対に撮れない写真を目にした時には、すごいなと思うのと同時に悔しい思いと嫉妬心が生まれるのです。「あぁ、自分もこんな写真が撮りたい」と。

巨匠・森山氏の写真に嫉妬するなんておこががましいのかもしれませんが、個人的には嫉妬心は向上心が芽生えるためのマグマみたいなもので、ものすごいエネルギーを含んでいる気がします。事実この「遠野物語」を目にした後は、すぐにでもカメラを持って外に出かけたくなります。

嫉妬心はエネルギーの源泉なのです。

自分のお仕事でもそうです。憧れの先生や、師匠には今でも嫉妬心ありありです。だから追いつこうと今でももがいています。

どうも嫉妬というものにネガティブなイメージを持ちがちですが、自分的には嫉妬心こそ明日へのエネルギーとして大事にしています。嫉妬しなくなったら、引退する時かなとも思っていたりします。

もう一冊、写真の教科書。

川島小鳥「明星」

第40回木村伊兵衛写真賞受賞した本作。こちらは単純に視覚的に楽しめる写真集。もちろん全編・全ページ通して嫉妬しっぱなしの一冊。こんな写真を撮りたいっ!ってずっと思いっぱなしで、カメラを持って撮影に行く前日には必ずと言って良いほど眺めてモチベーションを上げてもらいます。

この写真集は全編にわたり台湾で撮影されたものなのですが、その土地の日常的な風景、人、モノが「ドンっ」と音を立てて目に飛び込んでくる感覚を味わえます。

それくらい嫉妬に狂います。

今の私が撮る写真は、川島小鳥さんの影響が非常に大きいかもしれません。

2冊とも待合室に置いていますのでご覧になりたい方はお声かけください。

ご予約・クーポンはこちらから

期間限定の夏クーポンおすすめです。

今週もよろしくどうぞ。

お電話でのご予約も承ります。

(095)895−8700

上記の電話はご予約・お問い合わせ専用ダイヤルです。当サロンへのいかなる営業・勧誘・お知らせなどの電話については、施術やそのほかの業務への支障となりますので一切お断りいたします。あらかじめご了承ください。